急性期病院に飛び込むのが不安でいっぱいです

私は持病でてんかんを持っています。
以前の病院では夜勤で生活リズムが崩れてしまい、看護師1年目ということもあってストレスも多く、発作が頻発していました。
仕事も注意散漫な状態が続いていたので、患者の命を脅かす前にと思って退職しました。

先日、急性期病院の面接へ行ってきました。
そこの看護部長は、以前から親切にしていただいて、今回の相談にも乗っていただきました。
整形を主体として病院なのですが、整形外科は忙しくて専門的なので今の私が働くには無理があります。
でも内科の病棟で日勤常勤での採用は可能と言ってくださいました。

「やる気は人一倍あるけど、病気が邪魔をして体が付いていかない。
それでもうまく病気と付き合っていけるようになってもらいたい。
私はあなたと働いてみたい。」
こんな風におっしゃってくださいました。

必要であれば、午前中の勤務から少しずつ勤務時間を伸ばしていくように体調のサポートもしてくれるということでした。
他の病院も見て決めればいいと時間をいただいて、こちらから連絡をするだけの状態です。

ここで働いてみたいと思う反面、おっとりした性格で回復期しか経験のない私に、急性期でやっていけるのかという不安があります。
なかなか採用希望の電話をかけることができません。
電話を手にするとどうしても不安でいっぱいになってしまいます。
 

アドバイス

それはとても良い条件ではないでしょうか。
そこまで言ってくれる病院は他になかなか見つからないと思います。
看護部長さんのお人柄でしょうか。

ご質問者さまは急性期の経験がないので、そこが不安の大きな要素になっているんですよね。
看護部長さんもおっしゃっている通り、整形外科は忙しくて専門的だけど内科病棟であれば良いとのことですよね。
これまで何人も見てきたであろう看護部長さんがそのようにおっしゃってくださっているのであれば、おそらくご質問者さまでもしっかり務まるのではないでしょうか。

経験がないというのが不安ということですが、それは誰でもみんな同じことです。
経験がないから、実際にやってみて経験を積んでいくんですよね。
そうして看護師としてのレベルを上げていくんです。

実際にやってみて、それでもやっぱり無理だと感じたら、その時また別の道を考えればいいんです。
きっと看護部長さんも話しを分かってくださると思いますよ。

もやもやしていても何も始まりません。
勇気を出して、まずは第一歩踏み出してくださいね。
 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報