見回りが不足していたのでしょうか?

私は今サービス付きの高齢者住宅で看護師として勤務しています。

先日のことなんですが、夜勤をしていたときに、ある男性利用車が亡くなられて、かなりショックを受けました。
深夜1時の時点では様子を見にいったときに異常はなかったのですが、その後4時間後に様子を見にいくと、すでに息をしていない状態でした。

自分の中では1時間毎に見回りをするべきだったんだろうかととても後悔しています。
それと同時にショックな気持ちも大きいです。

 

アドバイス

ご質問者さまはそんなに自分を責めることはありません。
家族と同居している場合でも、いつの間にか気づいたら息をしていなくて亡くなられていたというケースはよくあります。

人間は誰でも死を迎えるときがきます。
輸液や胃ろう、呼吸器などで無理に寿命を引き伸ばされても、それはかえって切なくなるのではないでしょうか。

それよりも、ご自身の住宅で優しいスタッフに囲まれながら自然に人生を終えることが出来て幸せだったと思います。

これから先も患者さんの死を看取ることがあるかと思いますが、自然に眠るように逝ける方はとても幸せなんだと思えてくるようになりますよ。
気持ちを落とさずに、前向きに捉えて、これからも利用者さんのために頑張ってくださいね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報