男のくせにというのは差別ではないでしょうか

自分は新人の男性看護師です。
地方から出てきて、必死で頑張って働こうと思っていました。

でも最近では先輩から、「男のくせにそんなのもできないの?」って言われるようになりました。
正直言って、なんでそこで性別から入るのかが分かりません。
言われれるたびにメンタルがしんどくなってしまいます。

もう今の職場を辞めたいと思っています。
でも新人で転職するというのは実際どうなのでしょうか。
 

アドバイス

確かにその言動はセクハラ発言として捉えることができますね。
先輩のほうはそんなつもりで言っているわけではないと思いますが、受け取り側の気持ち次第でそれは深い傷を負うことになりますからね。

一度その先輩とじっくり話し合って、自分はその言葉に対して深く傷ついているということを伝えてみてはいかがでしょうか。
もしくは職場の上司に相談してみる必要もありますね。

それと、先程も言ったように、受けどり側の気持ち次第で、言葉というのは大きく変わってきます。
「男のくせに・・・」という言葉の裏側には、女性ではできなくても許されるという意味が含まれています。
つまりそれは、男性としてのご質問者さまに対する期待がこめられた言葉でもありますよね。

こんな風にして、ちょっとだけ言葉の受け取り方を変えてみるだけでも気持ちはだいぶ変わってくると思います。

実際に職場では、男性ならではのメリットもたくさんあります。
たとえば、男性の患者さんで異性である女性看護師の清潔ケアを嫌がる人がいたりまします。
そんなときも同姓だからこそ理解できることも多いですよね。

他のスタッフではできないようなことを任されるようになるために頑張ってみてください。
男性として期待されることを辛いと思っているとなかなか看護師としても成長ができないものです。
「男だから」ではなく、「あなただから」と言われるような存在になれるような唯一無二の存在になってくださいね。

転職も考えているということですが、今は看護師不足が深刻化していますから、新人であろうと受け入れてくれる転職先は見つかります。
どうしても今の職場が辛いというのであれば、転職して職場環境を変えるのもひとつの選択肢として考えても大丈夫です。
 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報