年上の部下の扱いで悩んでいます

私は現在、クリニックで師長をさせてもらっています。
でも私よりも長く勤めている年上の方がいて、とてもやりずらいところがあります。

その人はいつも自分の都合のいいように、事務の職員とか院長の奥様などに私のことや他の職員の悪口を言っているみたいなんです。
実際には言っていないようなことまで脚色して言っているようなので、どうしようもありません。

それを指摘すると、泣いて何も言えないような状況にしてしまいます。
私よりもかなり年上の方なので、対応が難しいです。

院長には、師長を辞めさせてもらいたいと直談判したのですが、辞めさせてくれません。
どうしたらいいのでしょうか。
 

アドバイス

ご質問者さまはまだ師長になられたばかりでしょうか。
師長というのは管理職ですので、部下の管理をしっかり行うのが仕事ですよね。
一度引き受けた時点でそれは覚悟しておく必要があります。

確かに自分よりも職場の勤続年数が長くて、年上ということでやりにくい気持ちはとてもよく分かります。
でも今はご質問者さまのほうが立場が上になったのですから、もっと毅然な態度で接する必要があります。

指摘したときに泣かれたからといって、曖昧にしないでしっかり凛とした態度で接するべきですね。
初めはなかなか苦労もあるかと思いますが、そうやってちょっとずつ慣れていくしかありません。
何事も経験を積むことが大事です。

師長などの管理職になると、これから先もそのような悩みはつきまといます。
それを上手に乗り越えていくことが、立派な管理職のキャリアアップへとつながっていきます。

人間関係やコミュニケーションスキルの書籍などを読んで参考にするのも効果的です。
多くのヒントが書かれていますから。
どれかひとつでもピンと来るものがあったら実際の現場で取り入れてやってみてください。

年上の部下を上手に管理できるようになると、だんだんと管理職の仕事も面白いと思えるようになっていきますから。
負けないで頑張ってくださいね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報