自分は看護師に向いているのか

私は今30代前半の社会人なのですが、再来年看護学校の受験を考えています。
これまではずっと一般企業で働いてきました。
でも雇用の安定やお年寄りがとても好きということで、将来は老健などで働きたいという思いが出てきました。
それで、思い切って看護の道へ進もうという気持ちが湧いてきました。

でもいろいろ調べていると、看護師さん同士の人間関係の悪さなどが目につきます。
それを見ていると、自分にもちゃんと看護師が務まるのかどうか不安になってしまいます。

これまでの職場にも理不尽な上司や同僚などがいました。
でもそれと同時に味方になってくれたり、サポートしてくれるフタッフもいました。
集団になって誰かを虐めたりすることはありませんでした。
でも看護師の世界はそんなに甘くはないみたいですね。

私は決して気が弱いほうではありませんが、ややこしい人間関係はやっぱり苦手です。
陰口や悪口が平気で飛び交っている職場は、給料が多くてもすぐに心のバランスを崩して退職してきました。
逆に給料が低かったり、労働条件が悪かったとしても、人間関係が良い職場では長く続いた傾向があります。

自分でもメンタルが弱いなぁと感じています。
こんな私は看護師には向いていないでしょうか。
 

アドバイス

確かにおっしゃる通り、看護師の職場というのは女性が圧倒的に多い職場なので人間関係は厄介なものですね。
看護師の退職理由として最も多いのが人間関係です。

もちろん、病院やクリニックなどそれぞれの職場にもよります。
同じ病院内であっても部署が変われば人間関係も変わりますしね。
ですから、一概に看護師の職場は人間関係が悪いとも言えません。

それよりも、看護師に向いているかどうかという根本的なとを知るには、患者とのコミュニケーション能力のほうがウエイトは大きいです。
夜勤も当たり前のようにこなせるために体力も必要です。

それに、最近では医療技術の進歩などもあり、豊富な知識も求められています。
仕事の効率化も叫ばれるなかで、自ら率先して創意工夫していくことも必要になってきます。
このようなトータル面から見て、ご自身が看護師に向いているかどうかを判断されてみてください。

メンタルが弱いことを気にされているようですが、看護師は患者の命に携わる職業なので、やはりここは克服しておく必要があります。
ある程度の厳しさがないと仕事は務まりません。
本気で看護師の資格を取りにいくのであれば、知識と技術、そしてメンタル面も十分に磨いておく必要があります。

やってみたいという気持ちがあるのでしたら、これらのことを覚悟して本気で取り組んでみてください。
多くの困難もあるかと思いますが、それを乗り越えた先に道は開けていくものです。
 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報