院内ローテーションが苦痛です

院内ローテーションが始まったのですが、私と一緒に回る子が2人います。
この人たちがとても関わりにくくて悩んでいます。
なんか、オンとオフの切り替えがないのが特に苦手で、年上なのでガツンと言うこともできません。

それでローテーションがとても苦痛なんです。
どうにか乗り切れる方法はありますでしょうか。

 

アドバイス

院内ローテーションというのはなかなか出来るものではありません。
とても貴重な体験をされていますね。
いろんな部署のことを詳しく知ることができるとても良い機会です。

一緒に回る人が苦手であっても、それはあまり気にしないで仕事と割りきるしかありませんね。

それと、あまり苦手という意識を強く持ちすぎると、それが相手にも伝わってしまうものです。
波動が伝染するんですね。
そうなるとますます人間関係がギクシャクしてしまい、せっかくの貴重な体験が台無しになってしまいます。

それよりも、まずは仕事上の付き合いだと割りきって、一緒に回る人のことを好きになってしまいましょう。

どんな人にでも良い面って必ずあるものです。
その良い面だけを見るように努力してみてください。
そして、気持ちいい挨拶をしてみてください。
これをやっていると、自然に苦手意識はだんだんと薄れていくはずです。

嘘だと思うかもしれませんが、騙されたと思ってやってみてください。
「あなたのことが好きです」という気持ちでいると、そのオーラが相手にも伝わって良い関係になれますから。

どうせ一緒に回るのであれば、お互いに良好な関係を保ちながら回ったほうがお得ですよね。
院内ローテーションという貴重な体験を上手に活かして、これから先も頑張ってくださいね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報