クリニックで働くメリットとデメリットってなんですか?

私は3年目の看護師で病棟勤務をしています。

ですが病院での勤務がとても苦痛に感じています。

4月には今の職場を辞めることになっているので、
次の職場をどうするかで悩んでいます。

 

もともと看護師として一人前になるために いろいろ学びたいという
意欲が湧いてこなくて、 研修などはとても億劫に感じてしまうんです。

それに病院という大きな組織に属していると プリセプター制度による
面談や委員会などにも 苦痛を感じてしまいます。

 

どうしても看護師をやりたいという気持ちはそれほど強くはなくて、
せっかく看護師の資格を持っているので
楽しく仕事ができればいいかなぁと思っています。

患者さんと話をしているときなんかは楽しいって感じています。

そう考えると病院ではなくてクリニックのほうが
楽しく仕事ができるのではないかと思ったのですが・・・

 

今から今後一生クリニックで働くというのは
看護師としてどうなのかといった矛盾した気持ちもあります。

クリニックで働くメリットやデメリットについて教えてください。

 

アドバイス

クリニックでは病院で培った技術や知識などは あまり必要とはされないですね。

それよりもどのようにすれば診断がスムーズになるか ということのほうが重要視されてきます。

クリニックのメリットとしては、 何度でも転職しやすいということですね。

結婚して子供がいる場合でも、 子供の成長に合わせて次々と転職を繰り返しても
勤務条件というのはそれほど落ちることはありません。

 

一方でクリニックのデメリットというのは 大きな病院とは違って経営者である医師と
その奥さんに対する距離感というのがとても密接な関係になってきます。

その職場での居心地が良いか悪いかというのは、 その先生たちの人柄によって
大きく左右されるものです。

個人商店みたいなものですから、ひとつ屋根の下に 一緒になって
暮らしていくようなものですね。

嫌な先生とかの場合だと、仕事の始まりから終わりまで ずっと行動を監視されて
ケチを付けられたりする というケースも多数あります。

その観点からいうと、断然病院で働いていたほうが
居心地の良さは快適に感じるかと思います。

 

患者さんと話しているときが楽しいと感じているのであれば、
看護の楽しさを理解していると思うので、
もう少し病院で働いていろいろな経験を積んだほうが 将来的も役に立つかと思います。

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報