新人ですが拘束時間が長すぎて辛いです

今年やっと憧れだった看護師になることが出来て、希望に満ちた状態で就職しました。

でも今はもうすっかり疲れ果てています。

看護師の仕事が激務であるということは承知していましたが、こんなに拘束時間が長いとは思っていませんでした。

 

新人なので朝はやることも多いということもあって朝7時には病院へ行きます。

そして残業で夜10時くらいまで残っています。

休日にも「やる気のある子は休みのときも患者さんを見に来る」と言われています。

そのために半強制的な感じで病院へ出勤しています。

 

新人の看護師はみんなこんなものなのかなと思っていたのですが、同じ看護学校にいた友達で他の病院に勤務している子に話したら信じられないと言っていました。

毎日朝早くから夜遅くまで働いているのは、自分がまだ半人前で仕事が追いつかないから仕方ないとは思っています。

でもせめて休日くらいはほしいです。

 

こんな考えは新人として失格でしょうか。

休日がない状態がずっと続いているので正直言ってもうヘトヘトです。

 

アドバイス

このような風潮がずっと伝統のように続いている病院はたくさんありますね。

残業することと患者さんのことを24時間考えるのが美徳という古い習慣がいまだに残っているんですよね。

これはなんとかしていかなければいけない問題だと思います。

 

本来は毎日少しでも元気に笑顔で看護できるように、労働規則を守って休める時間もしっかり取ることが理想です。

患者さんの命を預かる大切な仕事なのでミスも許されませんからね。

ただでさえ新人の看護師は神経をすり減らしているはずですから。

でもこのような病院が多いのも事実です。

 

もう少しそこで頑張ってみて、師長さんにも相談してみるのがいいでしょう。

これからの方向性を考えてみるべきです。

それぞれの科によっても異なるので、どうしても辛いのであれば異動願いを出してみてはいかがでしょうか。

 

それでも何も変わらない状態であれば転職も考えてみたほうがいいですね。

病院によっては環境がまったく異なります。

無理して自分の体や精神を壊してしまう前に良い職場環境を見つけることも大事ですよ。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報