先輩やドクターの心ない言葉に疲れました

4月から働き初めた新人の看護師です。

高校生のころからずっと医療の世界で働きたいと夢見てきました。

辛い実習なども乗り越えてなんとか看護師になることができました。

でも最近は看護師の道を選んだことが本当に正しかったのかどうか迷っています。

 

私が今勤務しているとことは病院の中でも慌ただしいことで有名な科なんです。

先輩方もみなさん毎日夜8時近くまで残業をしています。

あまりの忙しさに戸惑いもあり、希望していたものと違っていたことに気づきました。

それでもここで一生懸命頑張れば自分のチカラになると思って自分なりに努力してきました。

 

ここの病棟の患者さんは入院してから長い方が多いのが特徴です。

都会に一人で出てきた私は患者さんに感情移入してしまいます。

患者さんが亡くなると、喪失感と虚無感で涙が止まらなくなるほどです。

毎日忙しい業務に追われて患者さんとの関わりを大切にできていないように感じる先輩やドクターの心ない言葉に対して精神的に疲れてしまいました。

 

こんな私は看護師にならないほうが良かったのでしょうか。

これから先ずっと看護師として働いていく自信がありません。

 

アドバイス

新人の看護師ならば誰もが通る道ですね。

とくに理想が高いと現実とのギャップが大きく戸惑いも大きいものです。

新人のうちは先輩やドクターから理不尽なことを言われてしまうことが多いですからね。

 

とにかく今は経験を積み重ねる時期です。

先々のことまで考えるよりも、今は目の前のことを 一つ一つこなしていくことが大事です。

1年すると後輩が入ってきて、自分の立場も見方も変わってきますから。

 

それでもどうしても職場環境に馴染めないというのであれば、 別の病院や施設へ一度転職してみるのもありですね。

それぞれの職場で雰囲気は全然違うものです。

経験を重ねるという意味では いろんな職場を体験しておくのも大切なことです。

 

それでも患者さんに対する感情移入が抜けずに 毎日つらい日々が続くのであれば 看護師を離れて違う職業についてみるのもいいでしょう。

 

どんな状況に置かれても、下を向かずに前を向いてやり続けることが大事です。

自分にとって何が大事なのかをじっくり考えながら 積極的な気持ちで取り組んでくださいね。

 

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報