患者の死に対する対応について

緩和ケアの病棟で働いている看護師です。

最近、治る見込みのない患者さんに対して、どのように対応すればいいのかを迷っています。
ほとんどの患者さんが自分の死を受け入れることができずに、
死ぬということに対して恐怖を感じています。

ご自身の病状をきちんと認識して死を受け入れて覚悟している患者さんはごく一部だけです。
まだ死にたくないという患者さんの気持ちに共感して答えてあげたいのですが、
どのような言葉をかけていいのやら迷ってしまいます。

気休め程度の「大丈夫です」という言葉しか出てきませんが、
これで本当にいいのだろうかと悩んでいます。

 

アドバイス

人間は誰でもいつかは死んでしまうものです。

死を避けることはできないし、治る見込みのない病気はどうすることもできませんよね。
でもそれは知っていても受け入れることができない。

ほとんどの患者さんがそのような思いをしていることかと思います。
看護師の仕事としては、患者さんの不安な気持ちを少しでも和らげることではないでしょうか。

たとえ気休め程度であったとしても、看護師から「大丈夫です」と言ってもらえることは
とても大きな安心感があります。

穏やかな気持ちで患者さんに安心感を与えるということを
心がけていれば自然に対応ができるようになっていきます。
逆に看護師が患者に対して感情移入したり、深く考え込んでしまったりすると
看護師も患者もお互いが不穏な空気に包まれてしまいます。

それだけは避けるように看護師も努力をする必要がありますね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報