理想と現実のギャップに悩んでいます

私は昔から人に関わるのが好きで看護師になりました。

私が関わることで少しでも多くの人が 元気になってくれればと思って看護師を目指していました。

 

ところが現状はまったく違っていて、 理想と現実のギャップで悩んでいます。

今の病院では寝たきりの患者さんを10人ほど持たされて、 オムツ交換とかトイレ介助に追われる毎日です。

何の病気で入院しているのか分からくても 知る必要もないんじゃないかってくらいに。

 

これじゃぁ看護じゃなくて介護じゃないのって たまにイライラしてしまいます。

何のために看護師になったのかって 自問自答する日々が続いています。

 

夜勤のときも55床んも病棟で二人体制です。

夜勤が終わるとヘトヘトです。

責任感による重圧とかストレスで押しつぶされそうになります。

 

アドバイス

ご質問者さんはきっと責任感が強くて 真面目な方なのでしょうね。

それが返って責任感の重圧とプラッシャーになっていると思います。

疲れがたまっていると思うので、 ちょっと休暇をもらったほうがいいかもしれません。

 

そのままの状態でストレスを溜め込んでいると そのうち爆発してしまいますから。

欝になって仕事どころではなくなってしまう可能性もあります。

そうなってしまう前に休暇をもらって ゆっくり休むことも大事です。

もしそれが許されないというのであれば、 転職なども考えてみたほうがいいかと思います。

 

ただし、今の考え方のままでは どこの病院へいっても同じことが起こります。

たとえば寝たきりの患者さんのオムツ替えひとつとっても、 看護師の役割というのはたくさんあります。

排泄物を見て様子はいつもと同じか、 オムツに付いた尿の色に異常はないか、 便の色や匂い症状などに異常がないか。

これらのことをしっかりチェックすることも 大事な看護師の仕事です。

 

それだけではなく、患者さんの顔色や状態、 トイレ介助での歩行の様子やトランスの状態、 細かいところをチェックして 異常がないかを常にチェックしておくことも 看護師の大事な仕事なんです。

看護師の仕事にどうでもいい仕事なんていうのはありません。

このことをしっかりと理解しておく必要がありますね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報