苦手な常勤看護師が入ってきました

個人経営の小さなクリニックでバイトをしています。

先日まで常勤で働いていた看護師が辞めて、 代わりに30代の既婚看護師が入ってきました。

 

その看護師はレントゲンも撮るのですが、 うまくいかないと自己判断で勝手に取り直したりします。

採血の時も検査スピッツを間違えて取っても 先生には報告しないでミスを隠そうとします。

 

飲み会があったときは先生のおごりということもあり、 ここぞとばかりに高いレストランを選んでいました。

遠慮というものがまったくなくてやりたい放題の状態です。

 

先生にはしっかりごますりをして気に入られているので、 注意されたりするこもありません。

計画的妊娠もして産休や育休をとって、 その後も早めに早退したりしています。

それが許されているのが我慢できません。

もうここのクリニックでは働きたくないので 辞めたいと思っています。

 

アドバイス

どこの職場にもそういうタイプはいるものですよね。

大きな病院ならまだしも、個人経営の小さなクリニックだと やはり限られた人間関係のなかで
ずっとやっていかなければいけないので 自分と合わない人がいると辛いですよね。

 

どうしても我慢できずに毎日ストレスが溜まるのであれば そこを辞めて
別のクリニックに転職するのがいいでしょう。

アルバイトということなので、 辞めるにも難しい手続きとかはそれほど大変ではないと思います。

 

ひとつだけ言えることは、どこの職場にも 自分と相性の合わない人はいるということです。

そして自分が嫌いと思ったときから、 その人の悪いところばかりが目につくようになっていきます。

 

どんなに嫌だと思っても他人を変えることはできません。

でも自分自身はいくらでも変えることができます。

 

嫌いだと思った人や、苦手だなと感じた人でも 必ず一つや二つは良いところがあるはずなんです。

その良いところに目を向ける努力をしてけば、 徐々にその人に対する苦手意識が薄れていきます。

そうすると自然に笑顔で接することができるようになっていきます。

 

自分が嫌っていると、相手にもそれは伝わるものです。

だから余計に人間関係が悪化していくんですね。

でもまずは自分が相手のことを受け入れて 好きになる努力をすることで、
相手にも同じようにその気持ちが伝わって、 人間関係は改善していくものです。

 

これはどの職場でも使えるし、 今後何年もずっと先まで使えるコミュニケーションの
大事なテクニックなので練習しておくといいでしょう。

患者さん相手にも効果的なので、看護師の仕事ではとくに有効なテクニックだと思います。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報