看護師になりたくてなったわけではないので・・・

現在まだ1年目の新人ナースです。

これまで仕事をしてきて、自分は本当に看護の仕事が好きなのか だんだん分からなくなってきました。

 

仕事は毎日忙しくてバタバタしているし、 なかなか覚えられなくて注意されてばかりいます。

まともな休日とかもないし、夜勤のときなんかは 本当にヘトヘトに疲れてしまいます。

 

もともと看護師になりたいと思ってなったわけでもないし、
努力して看護師を目指してきたということでもありません。

そのせいもあってか、毎日仕事のやる気も起きません。

 

このままでは患者さんにとっての良い看護というのも 提供できそうにないので
この先どうしたらいいのか悩んでいます。

 

アドバイス

もともと看護師になりたくてなったわけではないとありますが、
それでは志望動機というのは何だったのでしょうか。

給料が高いからという理由で看護師になる道を選んだのでしょうか。

もしそうだとしたら、 今後も看護の世界で仕事を続けるのは厳しいかと思います。

 

看護師の仕事というのは確かに同年代の女性に比べると お給料の面では優遇されているかもしれません。

でもその分当然ながら厳しいことはたくさんあります。

夜勤も当たり前にあるので生活も不規則だし、 様々な患者さんと接していかなければいけないので、
コミュニケーション能力というのも高めていく必要があります。

技術面においても精神面においても、 毎日仕事をこなしつつマスターしていって
自分のレベルを上げていかなければいけないんです。

 

看護の仕事は人の命を扱うとても重要なお仕事です。

本当に看護の仕事が好きでなければ務まらないでしょう。

 

看護の仕事ではなくて今の職場に不満があるのでしたら、 転職するなどして環境を変えればいいし、
それでも看護の仕事が好きになれないのであればキッパリと看護の仕事は諦めて、
他の職種に転身したほうがいいかと思いますよ。

たとえお給料がいいからといっても、 それだけの理由で続けられるほど
看護のお仕事は甘いものではありませんからね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報