患者さんを呼ぶときの勘違いで悩んでいます

クリニックで働いている看護師です。

私が働いているクリニックでは、受付で待っている 患者さんを診察室へ呼ぶときに、
名前をフルネームで呼んで、 中の待合室で名前を確認してから診察室まで来てもらっています。

 

だけど、それでも実際とは違う患者さんが入ってきて 手違えたことが数回ありました。

名前をフルネームで確認したとしても、 患者さんが「そうです」と言ってしまうと、
こちらとしては疑いようもありません。

 

医療では患者さんの間違いというのはあってはいけないことなので対策を考えているところです。

どのように患者さんを呼べば間違いがなくなるのでしょうか。

 

アドバイス

患者さんを間違えて呼んでしまうということに対しては、
どこのクリニックでも重要視されていることでしょう。

決してあってはいけないことですからね。

うっかり間違えてましたでは済まされないことです。

 

名前だけで呼んでいる場合だと、 たとえフルネームではっきりと呼んでも、
患者さんが普通に間違って「ハイ」と返事してしまうことも よくあることですからね。

とくに患者さんが疲れ気味だったり、 耳が聞こえにくかったりするとよく起こることです。

 

これを防ぐためには、番号札を使うのが有効的です。

名前をフルネームで呼んだ上に、 番号札を渡してその番号で確認すれば、
かなり高い確率で間違いを防ぐことができるようになります。

 

それから、患者さん自身に自分の名前をフルネームで 名乗ってもらうというのも
ミスを防ぐには有効ですね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報