40代で正看護師の資格取得は遅いでしょうか

失業保険を受け取りながら転職活動をしている 40代の准看護師です。

これまでは個人で運営している産婦人科のクリニックで 働いていたのですが、
院長の体調不良で業務縮小することになって 人員整理のために退職することになりました。

 

病棟の閉鎖で夜勤がなくなると収入が減るので やむを得ずの退職となりました。

以前の職場では人間関係も良くて、 給料も年収が550万ほどもらっていました。

条件が良すぎたためか、転職活動をしていても なかなか良い条件のところが見つかりません。

 

これまでずっと産婦人科にいたので、 今更他の科に転職するのも勇気がありません。

というか、求人を見ていると准看護師の求人というのが 全体的に少ないように感じます。

たとえあったとしても給料が少なかったりします。

産婦人科の場合だと助産師か正看護師の募集がほとんどですね。

 

こんなこともあって、これから正看護師の資格を 取得しようかなとも思っているのですが、
周りからは今更遅いとか言われてしまいます。

40代で正看護師の資格取得を目指すのは遅いでしょうか。

 

アドバイス

正看護師の資格取得を目指すのに遅いも早いもありません。

本気で正看護師の資格を取得したいという思いがあるのであれば、
今からでもチャレンジするべきだと思います。

 

やっぱり人間は強い本気の気持ちがあれば、 そしてそれに向かって努力し続ければ
いくらでもレベルアップしていくことは可能ですからね。

実際に40歳を過ぎてからでも仕事をしながら勉強して
正看護師の資格を取得した人はたくさんいます。

 

今は65歳定年の時代ですから、 それまでまだまだ長い年月がありますからね。

ぞれまでずっと妥協して働き続けるよりも より高い目標をもって向上し続けていくほうが
やりがいもあって充実した人生を遅れるはずです。

 

そして産婦人科だけではなくて、 そこで働いた経験をもとにしていろんな科で
経験をすることで看護師としての幅を広げていくこともできます。

狭い世界だけでとどまっているよりも 自分の世界を広げていくことによって
新たな道がどんどん開けていくので頑張ってくださいね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報