転職先での福利厚生を見落としていました

総合病院に勤務している看護師です。

以前も総合病院で働いていたので、 福利厚生などの待遇というのは変わらないものだと思っていました。

 

でも今の総合病院というのは、 以前の病院と比べて産休や育児休暇などが少ないんですよね。

転職するときに給料面ばかりに気を取られてしまって、 そこまで深くは考えていませんでした。

 

全てが完璧な待遇なんていうところはないと思いますが、
他の病院などもいろいろ比較して そのうえで一番良いと思って転職したはずだったのですが。

なんかちょっと失敗したかなぁって思ってしまいます。

でもこれってやっぱり欲張りすぎなのでしょうか。

 

アドバイス

福利厚生というのはそれぞれの病院によって 異なるものなので、
転職する前にしっかりと確認しておく必要がありますね。

人間関係などは実際に働いてみないと分からないものですが、 給料面や職場での規則、
様々な条件などを しっかりと確認した上で転職を決めるようにしないと、
後から後悔する結果になってしまいます。

 

今の病院の福利厚生に満足ができなくても、 人間関係などが良好で
ストレスなども溜まらないというのであれば、 そのまま続けてもいいかと思います。

 

しかし人間関係もあまり良くなくて、 待遇もよくないということであれば、
もう一度条件の良い転職先を見つけるというのも
選択肢のひとつとして考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

ひとつ言えるのは、どこの職場でも完璧なところなんていうのは
ほぼありえないということですね。

必ず何かしらの不平不満というのが出てきます。

そこでどれだけ自分が耐えられるものなのか、 自分のストレスが一定値を超えない程度の
許容範囲というのを決めておくのがベストだと思います。

 

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報