患者さんの顔と症状が覚えられません

高齢者の慢性期病棟で働いている看護師です。

もともと精神科を希望していたのですが、 人材が足りているとのことだったので、
まったく経験のない高齢者の慢性病棟で働くことになりました。

 

これまでいた職場では60名ほどいた患者さんの それぞれの顔と症状を覚えていました。

そのときは先輩からのプレッシャーなどもあって、 バイタルを計りながらメモをしたり
配膳をしながら覚えたり、 カルテを確認しながら情報を覚えていったりなどをしていきました。

その中で同時に業務の流れも把握しつつ なんとか2週間でそこの患者さん全員の
顔と症状を 一致させていくことができました。

 

でも今度の職場では患者さんの顔を覚えるための時間が ほとんどとれないような状況です。

患者さんの顔と症状が一致していないと、 万が一患者さんに何かあった場合に対応が分からないですよね。

 

かといって業務内容なども覚えておかないといけないし。

毎日少しでも早く出勤したり、居残りをしたりするなどすれば
覚える時間も確保できるのでしょうが、今の病院は山奥にあるので
無料バスの時間までには 仕事を終えてしまわないと駅までの交通手段がないんです。

朝も夜も残るということができません。

このままではいけないと思い、 なんとかしなくてはと焦る気持ちばかりです。

 

早く患者さんの顔と症状を把握しておきたいのですが、
どうしても業務内容を覚えることでいっぱいになってしまって 適切なケアができない自分に苛立ちます。

 

アドバイス

新しい職場に移動してすぐに覚えるのは大変なことです。

どんなに優秀な看護師さんでも慣れるまでには 最低1ヶ月はかかるものです。

 

業務を覚えるのが先か、患者さんの顔と症状を覚えるのが先か、
これはそれほど問題ではなくて、 仕事をしていきながら徐々にどちらも覚えていけばいいですね。

名前を覚えれないというときはネームバンドを見れば分かります。

 

それぞれの顔と症状は毎日仕事をしていれば 自然と覚えるようになっていくものです。

あまり焦る気持ちばかりが強くなりすぎると それが悪い方向に働いて業務に支障がでたりするので、
思いつめるのもよくありませんからね。

 

それから一人で悩まずにプリセプターに相談してみるのもいいでしょう。

その職場を知り尽くしているので、 もしかしたら良いアドバイスをくれるかもしれません。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報