精神科の仕事に違和感を感じています

最近、身体科から精神科に転職をした看護師です。

転職してすぐに仕事に違和感を感じたのですが、 今でもやはり違和感を感じたままです。

 

失礼かもしれませんが、看護師の仕事をしている感じがしないんです。

精神科では処置もないし、バイタルすらありません。

 

精神科に転職した理由というのは、 身体科の業務がとても激務だったし、
病院の福利厚生も良くなかったということが理由です。

あまり贅沢を言ってはいけないのですが、 身体的な看護をしたいという思いが強いんですね。

 

精神科でも身体看護というのは必要だと思いますが、 前職のような救急とはまったく異なります。

せっかく受かった市民病院なので、 もう少し続けようか、それともまた他の病院を探そうか悩んでいます。

 

アドバイス

精神科は一般科と比べると特殊なので 仕事にとまどいを感じてしまう気持ちは分かります。

精神科看護を低レベルと捉える人もいますが、
精神科の患者さんの病気というのは心に潜んでいるので、 じつはとても奥が深く難しい分野なんですよね。

 

どうしても違和感を感じてしまうというのであれば、
それは自分には精神科は向いていないんだと思って 転職の道を選ぶのが正解ではないでしょうか。

看護師の仕事は多種多様なので、 人それぞれ向き不向きというのがあるものです。

 

その市民病院の福利厚生などが気に入っているのでしたら、
病院内での移動願いをしてみるのもひとつの手ですね。

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報