ドクターに対して「お疲れ様」ってダメなんですか?

先日のことですが、ナースステーションに行くとドクターがいたので、
「お疲れ様です」と挨拶をしました。

すると何事もなかったかのように無視されてしまいました。

 

私もとくにこのドクターとはあま一緒になることもないので、
まぁいいかと思って気にせずに仕事を続けていました。

すると看護部長と師長が私のとことにやってきて、
ドクターに向かって「お疲れ様」とは言わないでくれと 注意されてしまいました。

 

「お疲れ様」というのは上司が部下に対する 労いの言葉であって、
看護師がドクターに対して かける言葉ではないと言われました。

職員同士で労う必要もないし、恥ずかしいので 今後は言わないようにと
厳しく注意されました。

 

ではいったいどうやって挨拶をすればいいのかと聞くと、
「こんにちは」でいいと言われました。

私は上司が部下に対しては「ご苦労さま」というのが 一般的だと思っていたのですが。

 

それに職員同士が労うことは別に悪いことではないと思うし、
そもそも挨拶をしても無視するドクターばかりです。

これって普通なんでしょうか?

 

アドバイス

お疲れ様でしたと声をかけるのは別に間違いではありません。

接遇研修などでもこのように指導されています。

それよりも挨拶をしても無視するほうが 人として間違っていますよね。

 

しかし一部のマナー本などでは、 確かに「お疲れ様」というのは
上司が部下に対して言う言葉であり、
部下から上司に声をかけるときは 「おはようございます」などの挨拶や
会釈をすると書かれているものというのも存在しています。

 

 

納得いかないという気持ちも分かりますが、
それぞれの職場には昔からのそこでの習慣というのがあります。

「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、
その職場で仕事をする以上は、 そこでの習慣に従うのが賢いやり方です。

 

あなた一人が必死で抵抗したところで その習慣が改善されるわけでもありませんし、
そんなつまらないことで腹を立てていても もったいないだけですからね。

 

 

- P.S -
今回の記事が役に立ったという場合は応援クリックお願いします
<(_ _)> 


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

応援クリックお願いします

新着情報